6月19日(土)~  6月24日(木)●1階
 ★初日は午後2時開場です★ ●2階

パンリアルは1948年(S23)3月三上誠が「パン=汎、狭義のリアリズムではなく、現代を表現する限りにおいてはアブストラクトをも含む広義な内容を期待して命名」し、山崎隆・星野眞吾・田中進・不動茂弥・青山政吉・八木一夫・鈴木治で結成。青山・八木・鈴木が出て、下村良之介・大野秀隆・鈴木吉雄・松井章・小郷良一・佐藤勝彦が入会し、京大生であった清水純一・今居忠・川勝義雄等の協力のもと「パンリアル宣言」を掲げ日本画の前衛集団として、昭和24年5月に第一回展開催。上野照夫氏(京大教授)、庫田?氏(国画会)、原在修氏(夕刊京都)の力添えも。パンリアル精神があるとしたら「枠にはまらない」こと。(04)

パンリアルEXHIBITION KOBE.jpg

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.