3月19日(土)~ 3月24日(木)●1階

機素(きそ)という言葉があります。読んで字のごとく、「機械の素」という意味です。どんなに複雑な機構であっても、その元をたどっていけば、実に簡単な機構の組み合わせであることが理解されます。クランク、歯車、チェーン、滑車・・、それらを機素と呼び習わしていますが、簡単な基礎の組み合わせで、新幹線が高速で走り、ジャンボ・ジェットが空を飛ぶのです。子どものためのおもちゃでさえ、その動く仕組みがブラック・ボックス化された現在において、その動く仕組みをまでもデザインされた「カラクリ人形」や、「動くおもちゃ」を製作するのは、とても意義のあることだと考えています。ハンドルを回すと幾つもの歯車が動きだし、人形が大きなバーベルを持ち上げ、紐を引っ張ると、金髪のジェニ-がウインクする。カエルが虫を追い掛け、猫がネズミを追い掛ける・・・。そんな楽しいカラクリの世界をお楽しみください。 (05)

 

西田明夫カラクリ・オルゴール展.jpg 

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.