5/21土~5/26木●1階

今回「八人プラスひとり展」を開催するに当たりまして様々なご縁を頂きテーマを「邂逅(めぐり会い)」と致しました。刺繍、ステンドグラス、絵画、写真とジャンルは様々ですが、光のページェントをお楽しみ頂けたら嬉しく存じます。

■刺繍・・・代表 浅野準子 やっと子育ても一段落、自分の時間が少し持てるようになった40代、幸運にも我が師 朝山制子先生に巡り会い、刺繍の持つ奥深さの虜になり、昨年5月に展示会させて頂きました。今回は、同じ志を持つ友人3人も加わり、また、違った作品を披露させていただきます。

■ステンドグラス・・・上月充明 歳のせいでしょうか、故郷鳥取の竹林を渡る風や風景や人情に思いを馳せながらガラスを楽しんでいます。孟宗竹やガラスの加工も元気で継続して出来ることに感謝しています。

■写真・・・代表 荒木志津子 手持ちのカメラがアナログからデジタルへ。苦労して撮影していたのが、デジタル機能に頼りがち。「シャッターをきった瞬間がマイ・感性」を心がけて、自己満足が出来る一枚を心がけています。

■絵画・・・山本教子 ある作家の長編に「邂逅の森」という作品がある。マタギの話しだ。数年前に読んだ時、邂逅 の意味を改めて知った。この本に巡り会えてよかった。そして 今回 幸運にも皆様方に巡り会う事が出来た。私は 幸せ者 であると思っている。(11)

   
   
   
   
   
   
   
   
神保洋子
   
   
   
   
濵中登美子
91×73
   
   
   
   
河野芳枝
   
   
   
   
山本教子
16×23 33×24
73×91
65×50 32×40
   
   
   
   
神野栄子
80×88
   
   
   
   
浅野準子
   
   
   
   
荒木志津子
   
   
   
   
上月充明(上月敦子=強力な協力者)
   
   
   
   
   
   
   
   
プランナー 山本比沙子
   
   
   
   
ライティング 森川 守

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.