2011/1/15土~1/20木●1階●2階

1983年に設置した木の野外彫刻がまだ元気に立っている。激しい風雨と陽射しに耐えて凛として立ち尽くす。そのくせ肌合いはどこまでも優しい。木に魅せられて40年。どこまでも不思議さは増し、それだけ思いは深くなる。(11)

1/17土~ 1/22木●1階●2階

仕事をするのが嬉しくてしかたがない。まるで白蟻のようである。40年もやっていると木を彫ることが天職のように思えてくる。そのわりには巧くならない。ここのところは極めて微妙。そして41回目。ご高覧を。(09)

1/19土~ 1/24木●1階●2階

野外の大きな彫刻やモニュメントの仕事をする傍ら、木彫を中心にした個展を続けて40回目。最近ではドロウィングや水彩も加えて多角経営に努めています。楽しんでもらえることが何より大事。ご高覧ください。(08)

金井良輔展 彫刻・素描・水彩2008-1.jpg

金井良輔展 彫刻・素描・水彩2008-2.jpg

1/20土~ 1/25木●1階●2階

いつもご高覧いただきありがとうございます。今年もより自由な表現を求めて、新作多数展示します。寒い季節に木の彫刻の暖かさをどうぞ。ドロウイングと水彩を魅惑的な街と気の利いたアートをお望みの方に。(07)

金井良輔展2007.jpg

3/04土~ 3/09木●1階●2階

彫刻を続けて35年、創ることが心底好きなんだと思います。ここトアギャラリーでは6回目の個展になります。魅惑的な街に、しゃれた彫刻とドローウィング。野外彫刻の提案も同時に展開。大人のアートをお望みの方に。 (06)

金井良輔展2006.jpg

 

1月15日(土)~ 1月20日(木)●1階 ●2階

刻と素描に加えて水彩画を展示します。素描は彫刻をつくるときに形の確認のために重要な意味を持ちます。一方、植物の部分の形からイメージを触発されることが多々あるため、その心覚えのためにかなり綿密な水彩画を以前から描いてきました。素描や水彩と彫刻の奇妙な取り合わせを楽しんでください。(05)

金井良輔展2005.jpg 

1月17日(土)~1月22日(木)●1階 ●2階

2003年はあるイベントに全力を投入するため、全く個展を計画しませんでした。2004年は活動再開の年にしたいと思います。1982年以来、34回目となります。今回は、ドロウイングに新たな工夫を加え、木彫も新たな展開の端緒になれば嬉しいのですが。ご高覧をお待ちいたします。(04)

金井良輔展.jpg

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.