11/10土~11/15木●2階

皮革は水に濡らし加工すれば、乾くと元に戻らないという性質を利用して諸々な造形を自由に表現する事が可能です。30年前にこの皮革と出会い、以後身の廻りのバッグ、財布、コサージュといった小物類に停まらず、革絵、オブジェ、壷、立体等の制作に勤しんでまいりました。ご高覧頂ければ幸いです。(07)

山中一二三皮革工芸展1.jpg

山中一二三皮革工芸展2.jpg

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.