9/29土~10/04木●1階

起こりうる全ての事象に存在する境界線・・過去と未来をつなぐ境界線が今であるように・・ 2011年3月に起きたことは改めて境界線について考えるきっかけになりました。生と死の境界線、倒壊を免れた構築物と崩壊したモノとの境界線。絶対安全と言われていた原発においても安全でなくなる境界線が存在していました。内と外の均衡が崩れ、境界線を突破したときに起きる変化、それさえも新たな均衡におよぶまでの瞬間でしかないのです。そんな変化の断片を切り取り自分なりに表現してみました。(12)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.