2019年12月アーカイブ

12/21土~12/26木

●1階→日本語日本文化学科書道作品展

●2階→書道部作品展

本展覧会では、神戸松蔭女子学院大学 文学部 日本語日本文化学科の書道分野に関する学びの成果を発表いたします。実技授業での作品と共に、卒業論文や、教職課程(書道)の学生による実践研究などの理論的な学びの成果を展示いたします。(19)

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

12/14土~12/19木●2階

女子美術大学の同窓生が神戸で始めたWの会も34年目となりました。この1年に制作した油彩、日本画、デザイン等の作品を展示します。土・日は工作ワークショップも開催しますので、ぜひお立ち寄りください。(19)

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

12/14土~12/19木●1階

新たなる幕開けに向けて。神戸大学美術部凌美会の新入部員の作品展です。「美を凌ぐ」とはなんなのか、自身に問いかける日々の一端を、どうかご鑑賞ください。(19)

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

國政一真日本画展/音が降る日

12/07土~12/12木●2階

今回で16回目となる、トアギャラリーで開催される日本画家 國政一真の展覧会。一見すると油彩画のようにも見える國政一真の絵画は綿布や麻布に描かれ、素のままのモチーフが持つ形態の美しさと、それらをとり囲む柔らかな感情を岩絵具特有の質感で表現しています。(19)

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

工芸3人展/染めと漆と陶磁器/黒本亜佳里(染織), 野津果音(漆芸),永井杏奈(陶磁器)

12/07土~12/12木●1階

日本を代表する芸術大学、京都市芸・愛知県芸を卒業・在籍する三人の工芸作家展。染織を専攻した黒本はリズミカルな構成で色数の少ない色面をモダンに見せ、野津の漆芸作品は静謐な空気感を纏い、鑑賞者に心地良い緊張感を与える。永井の陶磁器は材質とは真逆の柔和さを感じさせ、距離感を一気に縮める。そんな三人の若手作家による展覧会をご高覧下さい。(19)

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

« 2019年11月 | メインページ | アーカイブ

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.