2019年7月アーカイブ

7/20土~ 7/25木●1階

(日本画)奥田元宋,大山忠作,池田遙邨,宇田荻邨,堂本印象,加藤東一,澁澤卿,穐月明,長谷川喜久,長谷川雅也,小松謙一,

久保嶺爾,石田武,秦誠,扇敏之,浜田昇児,千住博,川島渉。

(洋 画)熊谷守一,小林和作,野間仁根,西村龍介,児玉幸雄,井手宣通,居島春生,神津善之介。

暑中お見舞い申し上げます。

夏祭りもたけなわの今日この頃、暑い日々に一服の涼を求めて「水の在る絵」を集めての企画です。

荘厳な瀧 川の流れ ゆったりと佇む湖 静かに映す池面 岩に寄せる荒波等

画面の中で各々の有名作家が表現する「水」をご高覧ください。(19)

   
小松謙一 46×27
   
石田武 32×41
   
宇田荻邨 54×38
   
   
穐月明 38×46 久保嶺爾 16×23
浜田昇児 24×33
澁澤卿 50×65
   
加藤東一 46×33 大山忠作 41×53
池田遙邨 27×41 堂本印象 31×29
   
奥田元宋 46×53
千住博 73×91
小林和作 33×61
   
熊谷守一 27×24
野間仁根 24×53
西村龍介 22×27 児玉幸雄 38×46
   
井手宣通 32×41 神津善之介 30×30
居島春生 41×61
   
川嶋渉 14×35 長谷川雅也 46×53
長谷川喜久 23×16
   
扇敏之 46×53 秦誠 24×44

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

   
   
★★★★★★★★★ ★★★★★★★★★★
●モノクロの街角の写真が好きです。●何でもない、よくある街景
色を作品にする力量、プリント力。●モノクロでもセピア調での仕
上げがよかった。●私の一番好きな1枚。現実にどうやって目を向
けるのか、何に熱中するのか、これからは・・・。●歩きスマホに
象徴される「個人主義」、気に留められることもない落書きを受け
た工事用の出入り口・・・現代の風潮を捉えたもののように感じま
す●いつも通り手慣れた作風。●ナイスショット。●歩きスマホと
今風の落書きが正に今ですね。何気ない一瞬が画になるとは。
●表現力、作品として見せて頂き、レベルの高いと思った。●構成
力、落ち着く、家に飾れる。●田んぼに子供と自転車が印象的です。
モノクロにしたのもいいですね。●あまり見かけなくなった光景に
なつかしさを感じます。田植えのおわっている奥の田んぼと、まだ
おわっていない手前の田んぼのコントラストも良いです。●祖父、
父、少年と変わる事なく受け継がれて行く田んぼ、そして彼らの思
い出を語りつたえる風紋が素晴らしい。●とても印象に残る1枚。
田畑を見て育つ少年はこれからどこを目指すのか・・・。●少年の
振り返りが時間を止める。●静かな時間がゆっくり流れているのが、
モノクロで一層感じました。
   
   
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
●働きすぎでしょうか?足袋がよごれて、気になりました。●顔が
想像できましたよ。働き者の少し年配の方ですね。浮かび出る手、
少し汚れたタビの白さ等が印象に残りました。シンプルなのもとて
もステキですね。●表現力、作品として見せて頂き、レベルの高い
と思った。●くっきりと白黒が区切られてカラーでありながら2色
配分されたかのような線の力強さと、写真のフレーム外まで想像を
かきたてるトリミング感がおもしろいです。●シンプル イズ ベ
スト、イメージ通り、麻暖簾の風合いがもう少し。●和装の女性と
暖簾の2点だけのシンプルな構成、切り取り方がすばらしいです。
コメント内の○○には色々なことばが当てはまりそうですが、私は
「料亭」がいいです。●引き算の写真、いいですね。●見せる所は
見せる写真に見入りました。着物のすそ色もバックの黒と違って紺
色で見せているのに目が行きました。すばらしいです。●いま入っ
ていく前、おもてなしの心がみえそう。●素晴らしい。●なにげな
いひとこま。●のれんと手・足が撮れている作品は、目にとまりま
した。●シンプル●手、足・・・でうまい。●私も京都へよく行っ
て撮影しますが"発見力" "構成力"がステキです。●想像をか
きたて、動きのある写真だと思います。●ライトの影響でしょうか、
暖簾のむこうの女性のうでが少し赤すぎる様に感じますが、でも何
かを思わせるような写真でいいですネ。●私も京都へよく行って撮
りますが、"発見力""構成力"がステキです。●「おいでやす」、
のれんをくぐると、もうそこは心が解ける自宅なのである。●いつ
も乍らの「京都風情」にはとても心が安まります。●切り取り方、
びっくりしました、すてきです。●これは美しい、のれんの下に手、
中間は青黒一色で足袋の白がいい。●無駄のない(引き算の)写真
で感動しました。
   
   
★★★★★★ ★★★★★★★★★★★★★★★
●秋でしょうか。●写真でもこんな絵画の雰囲気が出せるんですね。
●空を見上げた景色は新鮮でした。●色彩が強調されるのが面白い。
建物の輪郭がピラミッド状になる45度のアングルにより、空高くまで
の空間を想像。●デジタルフィルターで効果を出している木々のBA
CKの網の線、アップで見る建物にスペースとマッチ。
●心が癒されます。●モンサンミッシェルの干潟、をこういう色合
いに仕上げる色彩感覚、家に飾れる。●やはり春に行くといいです
ね。私は真冬に行ったので寒すぎて写真どころではなかったです。
●有名なモンサンミッシェル、城を撮らずに干潟だけの色あい、素
晴らしいです。●心に残りました。●色がきれいです。●タイトル
通り、夢、世界の様子、光景をレタッチです。●印象に残りました。
モンサンミッシェルと言えば島を写した写真が多いですが、本当に
幻想的でプリントの仕方なのか絵画のように見えました。とても好
きな色合いです。●さすが!!の作品づくりに感動。●さすが!!
の作品づくりに感動。●朝焼け、夕焼けのオレンジは見る機会はあ
っても、ブルー、ピンク、パープルの色あいに見える光景は初めて
でした。美しい。●やはり外国の干潟は違うなと感じます。空気感
と淡いブルーと砂の色が美しい。●何とも言えない色とグラデーシ
ョン!モンサンミッチェルの干潟をこのように撮られた作品を見る
のは初めてです。また機会があれば次作を見たいものです●この世
の風景とは思えません。
   
   
★★★★★★★★ ★★★★★★★★
●すごい場面に遭遇しましたね。カマキリはちゃんとごはんにあり
つけたかな?●色の鮮明さと、何気ない日常の風景の切り取りが素
敵だと思いました。●何気ない庭の葉っぱ、切りとった緑、きえい
な色と虫の存在・・・。●カマキリのごはん、鋭い観察。●さわや
かなグリーンの葉っぱ(アジサイ?)の上で繰り広げられる自然界
のきびしい一面、でもちいカマを応援したくなります。●自然の中
に気持ちよさを感じます。●小さなカマキリも頑張っていますね。
僕たちもいろいろと頑張りたいですね。●夢のようにみずみずしい
青葉に目を奪われました。でも、ちいカマのハンティングに気が付
き、厳しい現実を目の当たりにし、身も心も引き締まる思いです。
●シャッターチャンスがスゴイ。●私も背中がかゆくなりました。
●ナイスタイミングしまうまです。●シマウマの姿、ちょっとおも
しろい。●シマウマの昼寝、ライオンは寝ている♪♪♪♪。●かわ
いいシマウマ!いつも撮影じょうずですね。●おすましのシマウマ
のとぼけた姿、タイトルが抜群です。●1~2秒のシャッターチャン
スに恵まれた作品です。それは隠れた動物への愛情と忍耐の賜物で
しょうね。
   
   
★★★★★★★ ★★★★★★★
●ストレートに美しいポートレートだと感じました。ふかふかした
冬毛のせいか、あまり厳しい中で生きている感じはしませんでした
が・・・●北海道のどのあたりでしょうか。●動物はシャッターチ
ャンスが難しいですね。でもいい顔で語りかけるような表情がいい
です。●何時間待ちました?●はてしない雪原を獲物探しのきつね、
かじかむ指先でひたすらシャッターチャンスを待つ人、厳寒での出
会いに乾杯です。●ひとりぼっちで、少し寂しそう、冬のキツネは
毛がフサフサで、耳や首元、尾がきれいですね。●すぐ側で見つめ
ていてくれている錯覚を感じました。
●一羽は、2羽と同じ大きさでの表現は。そのままの被写体なので
すが・・・何か不自然な感がして落ち着かず、残念でもありました。
勝手お許し下さい。●北海道のどのあたりでしょうか。●潤沢に餌
を授けてくれていた両親の突然の冷遇、戸惑う子鶴の不安げな表情
が良く捉えられている。●タンチョウが1羽だけ反対向いていてか
わいいです。●作者に鳥の話を聞いて、愛する子供だからこそ厳し
く育てる訳が分かりました。●子鶴の情けなさそうな表情がおもし
ろい。
   
   
★★★★★★★★ ★★★★★★★★
●地面の赤が桜の色をさらに強調してくれているように見えます。
●桜を見つめているかのような小鳥の姿がとても可愛らしくて、ほ
ほえましくなる一枚です。●色合いがとてもきれいで、引きつけら
れました。セキレイも桜を見て春をおしんでいるのか表情が伝わる
気がします。●あわいピンクがきれい。ハクセキレイがちょっとさ
みしそう。●ちいさなすずめみたいなとりがピンク色のところにた
っているしゃしんがきになりました。なぜかというと、とりの色が
ピンク色のところとちがってとてもとりがはっきりみえるからです。
●モノクロのコンクリートとピンクの舗装との対比、モノクロのセ
キレイとピンクの桜の花びらとの対比が共通していて面白い。●さ
くら色の舗装がハクセキレイを引きたてて、上げた片足が躍動感が
あって素敵です。●ピンク色の小径を桜の落花、ハクセキレイがと
ても可愛いです。
●逆光の中、表情が気に入りました。●長く伸びた影を切らなくて
良かった。逆光により質感がとても良く出ています。●ネコの影が
いいですね。ネコは座っているけど、影のネコは立っているという
対比がおもしろい。●猫が自分の影を見つめて何か考えているよう
な姿が印象的です。●特に好きです。●夕日を浴びて至福の時、優
しい人々に心穏やかな様子が良く表現されています。●野良猫の何
気ないひとときをとらえた写真にいやされます。●背中の丸さが何
とも愛らしくて、こちらまでほっこりです。
   
   
★★★★★ ★★★★★★★★★★
●モノクロの世界がすてきです。●「観覧車」として何かなと考え
させた方が?●背の低い綿毛を見上げるアングルが良い、ぼかしに
よる背景は夢想をかきたてる。●綿帽子の柔らかさが伝わってきま
す。●自然の造形の美しさと不思議さ。
●地蔵菩薩でしょうか。仏に導かれ、引きこまれそうに感じます。
仏様の存在感がすごいです。●カラーでないのがよかったか?何か
を感じられた。●穏やかな雰囲気と白黒なのに温かみのある感じが
すごく好きです。色付きでも見たいと思いました。●どこで撮影さ
れたのでしょう、機会があれば行って見たいと思いました。●モノ
クロが正解!!ステキな作品。●心の洗い場かな。●モノクロが正
解!!ステキな作品。●大切にしまーす。「心はまるく」がんばり
まーす●神々しい木漏れ日が素敵です。無数のお地蔵さんの反復は
モダンアートのようですね。
   
   
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ ★★★★★★★★
●孫の姿を思い出します。●いいですね、長い長い段々ですね。●
表現力、作品として見せて頂き、レベルの高いと思った。●チャン
スを待つ、又は頼む勇気、作品の仕上げ。●この場所で少年ひとり
だけというのは絶妙なタイミングですね。階段の高度感が良く表現
できていると思います。●写真撮影の一手法であるパターン重複に
ワンブレイクの赤シャツの少年、時を待たずして少年だけが登って
来たのは、いわゆる「持ってますネ」。●子供の立ち位置と左側の
手すりの光り方がよかったです。●横線と縦線を表現されていて上
手なまとめの写真と見入りました。●階段の風景、良く見つけまし
たね。●この構図を考えたところ。●長い階段「赤」の男の子、と
ても良い作品です。●京都駅の階段の光の白さの加減が素敵でした。
●特に好きです。●赤い服がとても印象的です。●階段の色と子供
の服の色の対比が良い。長い階段が子供の未来に続くようで、これ
から何が待っているのかと思います。●人物の捉え方がうまい。●
幾何学的な切り取りが素晴らしい。●黒い長い階段の中で人物が一
人で朱色の服が映えていた。●私も階段が好きでよく撮りますが、
スケール感もあってステキと思います。●好きな作品です。●モノ
トーンの中に鮮やかな少年に目をひかれました。また、階段の先に
何があるのかも気になりました。良い写真を見せていただき、あり
がとうございました。●私も階段がすきでよく撮影しましたが、ス
ケール感もあってステキと思います。●一段一段上がると後姿もだ
んだん大きくなって行く・・・。●遠近を感じない白い横線は、無
限に続くように見えます。屈折した手すりが階段であること表現。
子供は「未来」を思わせる位置に・・・計算が尽くされた作品。
●表現力、作品として見せて頂き、レベルの高いと思った。●横線
と縦線を表現されていて上手なまとめの写真と見入りました。●光
と影のバランスが良い。●光と影の対比がおもしろい。●作者のコ
メントと同じ思いを持っています。なつかしいあのころ、生きがい
と後悔、今の自分はこれでいいのか・・・●光線の入り込み、遠近
感のバランスおもしろい。●自分の学生時代を思う。●整然と続く
柱や廊下の光の美しさに目を奪われた。でも、何かおかしい。廊下
が軒先側(右)から建物側(左)に傾斜(下る)しているように見
える。
   
   
★★★★★★★★★★★★★★★ ★★★★★★★★★★★
●表現力、作品として見せて頂き、レベルの高いと思った。●ビル
の明りと花火の光が、ビル群の影も引きたててる様で、長く見つめ
ているとビルが迫ってくる迫力がありました。●花火撮影の難しさ
を良く撮れている。●毎年、ステキな作品です。お城も花火も幻想
的です。●神戸の花火、遠く離れた場所からバッチリですね●花火
(コオノトリ)が見事でした。●構図、シャッターチャンスのタイ
ミングが素晴らしい。●花火が鳥(コオノトリ)が飛んでいるよう
に見える瞬間を写しだしているのに見入ってしまいました。●go
od。●花火がほんとにコウノトリのように見えました。シャッタ
ー時間を長くして撮られたとのこと、写真の技術の奥深さを感じま
した。●私も観に行った花火大会。たくさんの花火が映っててとて
も迫力あり。煙を消す技法を聞いてビックリしました。●一瞬で変
化する花火の様子を物語のようなストーリーが描かれているようで
、色彩の美しさに心ひかれます。●ホテルオークラのビルの間から
花火の鮮やかさが暗い中でくっきりと写っていて感動致しました。
●花火がコウノトリに見える時間は1~2秒か、技あり、すごい。
●表現力、作品として見せて頂き、レベルの高いと思った。●毎年、
ステキな作品です。お城も花火も幻想的です。●姫路城の白さと黒影
の城、青ビームの色のインパクトが素敵でした。●姫路城とスクリー
ンの城影の調和が素晴らしい。●マッピングの写真かと思ったのです
が、ムービーの一瞬で撮られた写真をお聞きし驚きました。お城が二
重で?写っているのがすてきでした。●good。●お城のモチーフ
に、お城の映像がかぶる。色あい、昔と今?虚と実?現在と未来?●
ブルームーンが幻想的姫路城。●私もこのイベントに行きましたが、
こういう感じのアングルも感じられる感性を身に付けたいと思います
。●白い実像と妖艶な虚像との共演が幻想的である。
   
   
★★★★★★
●花びらが画面全面にある点が良いと思います。●好きな作品です。
●豪華な花フブキです。とてもいい瞬間ですね。●突然の風で授か
った素晴らしい作品。さぞかし慌てたことと思います。●色の三原
色が入っていて面白い。
   
   
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
●本当に美しい作品でどちらも雰囲気が違って不思議な感じで!!
どんな女性なんだろう?とすごく気になってしまうほどです。真っ
赤なドレスと、ブルーのベールがとても美しくて!いつまでも見て
いたい思いになりまいた。私も大好きな色です。●両作品ともシン
プルで力強く、とても印象深いです。赤もブルーも発色が難しいで
すが、きれいな色ですね。さすがです。赤い印象は白い手、水色の
風は動きの描写に魅せられました。●表現力、作品として見せて頂
き、レベルの高いと思った。●前衛的で面白い、新境地開拓?●味
わいが心引かれる感覚が致しました。●多重でしょうか、赤いドレ
スが印象的です。しいていえばバックとの関係性があまりなさそう
です。●赤と青のあざやかなコントラストが印象的でした。●切り
取りのうまさに感心しました。●安東さんの写真かと思いました。
●赤と青を下半身・上半身の服飾での表現、すばらしいと思いまし
た。●「赤」の作品が印象的です。私も「赤」にひかれます。●色
●舞台のポスター写真かのような一枚で目に止る一枚です。●赤い
ドレス生地の重量感と青いスカーフの軽量感の対比が面白い。●印
象が残りました。●映り込み、どう考えても「どうなっているのか
?ガテン」がいきません。とても不思議な気がしました。強烈な赤
と黒のコントラストが素晴らしい!!●今まで見せて頂いた作品と
は全くイメージが違うのでびっくりしました。若々しく、おしゃれ
で、本当に感動しました。ステキな作品を拝見出来、大変満たされ
た気分になりました。●赤・・・私も好きな色ですが、なかなかこ
んな赤が出ない(出すことが出来ない)。水色(ブルー)もそうで
すが特に赤は難しい。自分の思った色が出せない。●いちばんめだ
ちますね、キレイです。●赤とブルーの色を画面上にうまくとり入
れられて、又構図も絶妙でインパクトがありました。●私なら展示
の左右、変えたいです。目線が離れてもったいないですね。●私も
好きな色です。なかなかこんな赤がでない(出すことが出来ない)。
水色(ブルー)もそうですが、特に赤は難しい。自分の思った色が
出せない。流石という他はないですね。継続は力なりと言われます
が、果してやいかに・・・。それだけではないのでしょうね。山本
氏の撮影の一コマを目にしました。その姿をみて、自分と比べてい
ました。何か作品の他のおまけ(おいしいもの)を頂いた気がしま
した。作品から感じる若々しさ、私も死ぬまでこんな新鮮な若々し
い感性(感じる気持ち)を少しでも長く持ち続けられることが出来
れば幸せだろうなと思いました。がんばろう・・・。ありがとうご
あいました。●味わいのある作品。●トリック画面、縦/横をコラ
ージュした所が秀逸。●ハガキで何度も見たから少し印象が早いう
ちに去ってしまいました。●好きな色を組合わせて見事です。●肩
先を中心に三分割された画面の色(赤・青・黒)、が見事です。
●本当に美しい作品でどちらも雰囲気が違って不思議な感じで!!
どんな女性なんだろう?とすごく気になってしまうほどです。真っ
赤なドレスと、ブルーのベールがとても美しくて!いつまでも見て
いたい思いになりまいた。私も大好きな色です。●両作品ともシン
プルで力強く、とても印象深いです。赤もブルーも発色が難しいで
すが、きれいな色ですね。さすがです。赤い印象は白い手、水色の
風は動きの描写に魅せられました。●表現力、作品として見せて頂
き、レベルの高いと思った。●前衛的で面白い、新境地開拓?●中
近東の衣装のようなイメージ、ツンと上がったマツ毛が小さくても
印象的。●切り取りのうまさに感心しました。●「青」の作品が印
象的です。●色●左下の空白部分と青のコントラストが印象に残り
ました。●印象が残りました。●色がとってもきれい!●風を感じ
ます。●今まで見せて頂いた作品とは全くイメージが違うのでびっ
くりしました。若々しく、おしゃれで、本当に感動しました。ステ
キな作品を拝見出来、大変満たされた気分になりました。●いちば
んめだちますね、キレイです。●布の流れがすばらしい。●こんな
写真が撮れたらいいなあと思いました。かっこいいです。●背景も
含め色がいい。●味わいのある作品。●ブルーの色と風が画面に程
よくマッチしています。●好きな色を組合わせて見事です。●風の
流れに身を任せるスカーフのシルエットが素敵です。
   
   
★★★★★★★★★
●モノクロの街角の写真が好きです。●上海の摩天楼をうまくとれ
ている、モノクロ感がいい。●近景と遠景がいいバランスで入って、
構図がとてもすばらしいです。●上海が活写されていて好きな作品
です。モノクロの美しさに感動●かっこいい写真です。しかしカメ
ラマンの視点が細かくて、おもしろいなーと思いました。らしいで
す。●"上海"が活写されていて好きな作品です。モノクロの美し
さに感動!!●形の綺麗なビルですね。上海もなかなかやりますね。
でも地上200mくらいの空中散歩はご遠慮したいです。●雑多な街に
思えたのに、モノクロで写すと幻想的で、映画のシーンのように美
しいです。●PHOTOは白/黒がインパクトがある。上海は50回
ビジネスで行きました。年々変わる中国のパワーが感じられる。
   
   
★★★★★ ★★★★★
●モノクロの街角の写真が好きです。●ベンチの写真がおもしろい
です。シンクロしていますね。こういう風景を見つけられる視点が
素敵です。●素敵な作品でした。モノクロから始められ、カラーと
は全く印象も異なるから難しいところもあると思いますが楽しんで
色々撮っていかれると思います。いつもカメラを手にブラブラ歩き、
又、拝見させていただくのを楽しみにしています。●歩き疲れての
お昼寝からは、安全、リラックスを感じます。
●モノクロの街角の写真が好きです。●街角のカップルのまわりだ
け時間が止まっているような感じ、すごいドラマがありそうな気が
します。●街の雑踏をものともせず、見つめ合うカップルに見入り
ます。愛は美しい。●どこの国の中華街でしょうか。人の動き、表
情が、目の前を動いている様にイキイキ感じました。
   
   
★★★ ★★★★★★★★
●宮下さん、見にきました。●雲は割れ、地響きと共にポートタワ
ーが傾き・・・あ、空を見ろ・・・飛行機だロケットだ、いやスー
パーマンです・・・いやいやUFOの来襲だ・・・。ホテルオークラの反
射光が良いですね●やはり建物は垂直に撮ってほしいです。
●ハヤブサとのニュースが重なり、よかったです。●タイトルが秀
逸。言われてみればその様に見えてきます。●宮下さん、見にきま
した。●宮下さんらしいユーモアを感じられる。題が秀逸です。●
ドドドドド・・・ドカーン・・・神戸宇宙センターからジェミニ・
サターンロケット発射ーーー・・・。季節、時間帯・・・努力の結
晶ですね。●市役所だと思ったら違うよう。一瞬のきらめき。●宮
下さんらしいユーモア感あふれる、題名とマジックアワーの夕景、
ステキです。●店内に差し込む夕日がとてもキレイ。

©2008 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

7/13土~ 7/18木●2階

日常よくご覧になるA4サイズでの公募展です。テーマは「自由」ということにしました。感動の「シーン」を多くの方々にご覧頂いて交流の輪が広がることを願っています。展示室で頂いたアンケート情報をホームページに掲載します(作品別アンケートの閲覧にはパスワードが必要)。ご出品頂いた作品はいつでもトアギャラリーのホームページでご覧いただけます。また、Facebook で作品についての意見交換ができます。ご高覧いただければ幸いです。トアギャラリー 崔 康来。(18)

   
   
安東幸典 落書のある景 羽田範子 「風、渡る」
藻川芳尚 おもてなし
見かけることも多い光景と思いますが、俗っぽさを極力
排除した切り取りです。
観ていただいて、○○のイメージが膨らめば、
狙いどおりです。
   
   
青木一雄 神戸街角スケッチ 前田茂雄 「幻想」
原画の写真からデジタルフィルターを使って、
私なりの神戸の街を表現してみました。
今年4月に行ったモンサンミッシェルの干潟です!毎回
この干潟には感動させられます!遠くに島影が薄っすら
見えるのも陽炎、蜃気楼のようで幻想的な気持ちになり
ました。これからもモンサンミッシェルの干潟はテーマ
として撮って行きたいと思ってます!
   
   
こたなきゅー ごはん、つかまえた! 西田泰久 背中かいです。
ちいカマごはんはっけん!
さあ、じょうずに
つかまえられるかな?
シマウマを写そうとカメラを向けていたら、突然、
シマウマが寝ころがったのでびっくりしましたが、
連続でシャッターを切りました
磯江英雄 雪原のキタキツネ 磯江英雄 タンチョウの親子
一面の銀世界
極寒の中、1匹で生きる厳しさを感じさせる。
なかなか親離れできない子に、仕方なく?つれなくする親
この後、どうするのか興味津々です。
   
   
宇野津百合子 落花の候 きみと出会ふ 中尾美智也 Sunny Spot
なごり桜を観賞中、
ピンクの小径にいたハクセキレイ
彼も桜を惜しんでいるのかな?
陽だまりの中に佇む野良猫に流れる優しい時間
森 弘美 綿帽子の観覧車 山根由起子 えん
風にゆれるモノクロの綿帽子 心はまるく。
   
   
吉木富雄 一段一段 吉木富雄 午后の学舎
目の前に立ちはだかる壁のような階段。一体何を思っ
て登っているのだろう。思わず「頑張れよ」とエール
を贈りたくなった。
今ならもっと大学生活の過ごし方を探究できたかも知れ
ない。あの頃はその時間の貴重さに気づけなかった。
新海一宏 鳥瞰都市 新海一宏 虚と実の共演
ホテルオークラと兵庫県警ビルを眼下に上空を飛ぶ
県鳥コウノトリ。瞬間アートの妙技に夜がふけるのも
忘れていました。
特設スクリーンにムービーを映写する姫路城イベン
ト。不動の実像をバックに次々と変化する虚像との
共演に酔いしれました。
田中英彰 風の舞
SLと桜を撮りに人の少ない場所でセッティング。
一陣の風と共に桜の花びらが風に舞い慌てて
シャッターを押した。
   
   
山本雅夫 赤い印象 山本雅夫 水色の風
"カメラ散歩"をスタートした時に、突然のパニック(?)、
心優しき写友の愛機を借りての1枚です。私の好きな色は、
青・赤・黒・白。今は「赤」に反応してしまっています。
海から吹く風が、風景や人を優しく包み込んでいます。
水色の風を聴きました。
   
   
中川 卓 Shanghai 2018
急激に発展している上海の風景です。一番手前の高層ビル
の外にツアーでヘルメットを被って歩いている人たちが
小さく見えます。
高層ビルの外壁沿いを歩く人々
画廊補足
アワノヒロユキ Untitled アワノヒロユキ Untitled
   
   
宮下卓悠 ハーバーランドに未確認飛行物体X 宮下卓悠 神戸ロケット発射!?
雨のあと、一時間カフェの席を借りてXと話した(笑) 令和元年5月、元町散策の休憩で正面の大きな窓に夕日満載。
   
   
   
   
募集要項2020
2020年のDM トア写真展 2020夏 募集要項のご利用方法
上の写真をクリックして開き→各項目にご記入
→メールに添付してお申込み下さい
   
   
トア写真展 2020夏 募集要項
会  期 2020年7月11日(土)~7月16日(木)
会  場 トアギャラリー 2階展示室(天窓からの自然光の空間)
テ ー マ 自由とします
作品規格(その1)
●A4サイズ
(マット内寸287ミリ×200ミリ)(縦・横/カラー・モノクロ/フィルム・デジタル可)
額  縁 シルバーアルミ・オフホワイトマット・42㎝×42㎝ を画廊で用意
出 品 料 1点につき¥5,000-(レターパック返却希望者は+¥360-)
作品規格(その2)
●フリーサイズ
(650ミリ×650ミリ以内の壁面で作品のサイズ・数などを自由展示)(組写真も歓迎)
額  縁 作家が用意
出 品 料 1壁面につき¥7,000-(運送便は各自負担)
出品点数 一人2点まで(●A4サイズ + ●フリーサイズ で合計約28点先着順)・審査はありません
締切状況 お申込み期間は5月4日(月)~5月11日(月)。
申込方法 期間 5月4日(月)~5月11日(月)(34点先着順)
出品申込書に必要事項を記入し下記の事務所へ郵送 か FAX して下さい(メールも可)
〒650-0003 神戸市中央区山本通2-11-7
TEL. / FAX 078-242-2259
メールアドレス info@tor-gallery.com
募集要項と出品申込書をご希望の方は、info@tor-gallery.com にメールを頂ければ、折り返し添付ファイルでお送りします
支払方法 期間 5月4日(月)~5月11日(月)
下記の口座にお振込み下さい
 
① みなと銀行 三宮支店 普通預金
  口座番号 0798670
  口座名  TORGALLERY 崔康来
         トアギャラリー     サイコウライ
 
② ゆうちょ銀行
  記号 14370
  番号 54628011
  口座名 崔康来(サイコウライ)
 
  振込手数料は各自負担
  領収証は発行しません(振込の控えを保管下さい)
搬  入 6月12日(金)~6月17日(水)
  時間 午前10時 ~10時半
     午後 7時半~ 8時
  「作品票」を●作品の裏●封筒の裏 に貼り 「預り票」 もトアギャラリーにご持参下さい
  「預り票」に押印し、展覧会DM(20枚/作者名入り)をお渡します
郵便局のレターパック(¥360-)での搬入(期間内に限る)も可。展覧会DMは郵送
搬  出 期間 7月17日(金)~7月22日(水)
  時間 午前10時 ~10時半
     午後 7時半~ 8時
  預り票と引換にトアギャラリーで返却します
郵便局のレターパック(¥360-)での搬出希望者は出品申込書のレターパック希望欄に「 v 印」を記入し、出品料に返却代金(¥360-)を加算
注  意 作品は丁重に取扱いますが、不慮の損傷については免責を願います
納入された出品料は理由のいかんにかかわらず返金できません
返却期間を過ぎた作品の保管はできません(処分することがあります)
宣  伝 案内状の顧客様への郵送と近隣の画廊様での設置、展覧会をホームページに掲載、新聞5社、ぴあ、Lマガジンへの掲載依頼
過去の写真展 トア写真展 2014夏
トア写真展 2015夏
トア写真展 2016夏
トア写真展 2017夏
トア写真展 2018夏
トア写真展 2019夏
筧 信雄 写真展
新屋進写真作品展
Moon Muse 3 (中尾 美智也 写真展)
Blue Christmas (中尾 美智也 写真展)
霞草 ー 記憶 (中尾 美智也 写真展)
覚醒 (中尾 美智也 写真展)
黄昏 (中尾 美智也 写真展)
四大学写真部連盟展 2008年
三大学写真部連盟展 2014年
三大学写真部連盟展 2016年
神戸学院大学写真部・学外展示 2018年
金鋭写真展/Border/心の国境を越えて/上海と神戸の街と人 2019年
  • お客様から頂いたアンケート情報(スクランブル版)をホームページに掲載します。
  • お客様から頂いたアンケート情報(各作品別)をホームページに掲載します(閲覧にはパスワードが必要)。
  • 作品はいつでもホームページでご覧頂けます。 ①トアギャラリー で検索 ②Searchで「展覧会名」か「出品者名」で検索
  • Facebook で 作品の意見交換をして頂けます。 ①フェイスブック で検索 ②ログイン ③アカウント登録 ④神戸トアギャラリー で検索 ⑤作品のコメント欄に記入

 

アンケート結果(スクランブル版)

一般公開のこのページでは作家さんごとのアンケート結果をスクランブルしています。作家さんごとのアンケート結果をご覧頂くためには、作家さんにお知らせしている「パスワード」が必要になります。

(全作品について)お気に入りの得票総数=★。ご意見とご感想=●

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

(作品について)

●"上海"が活写されていて好きな作品です。モノクロの美しさに感動!! ●「観覧車」として何かなと考えさせた方が? ●「青」の作品が印象的です。 ●色 ●左下の空白部分と青のコントラストが印象に残りました。 ●印象が残りました。 ●色がとってもきれい! ●「赤」の作品が印象的です。私も「赤」にひかれます。 ●色 ●舞台のポスター写真かのような一枚で目に止る一枚です。 ●1~2秒のシャッターチャンスに恵まれた作品です。それは隠れた動物への愛情と忍耐の賜物でしょうね。 ●good。 ●good。 ●PHOTOは白/黒がインパクトがある。上海は50回ビジネスで行きました。年々変わる中国のパワーが感じられる。 ●秋でしょうか。 ●あわいピンクがきれい。ハクセキレイがちょっとさみしそう。 ●いいですね、長い長い段々ですね。 ●一羽は、2羽と同じ大きさでの表現は。そのままの被写体なのですが・・・何か不自然な感がして落ち着かず、残念でもありました。勝手お許し下さい。 ●いつも通り手慣れた作風。 ●いま入っていく前、おもてなしの心がみえそう。 ●素晴らしい。 ●おすましのシマウマのとぼけた姿、タイトルが抜群です。 ●お城のモチーフに、お城の映像がかぶる。色あい、昔と今?虚と実?現在と未来? ●かっこいい写真です。しかしカメラマンの視点が細かくて、おもしろいなーと思いました。らしいです。 ●カラーでないのがよかったか?何かを感じられた。 ●かわいいシマウマ!いつも撮影じょうずですね。 ●逆光の中、表情が気に入りました。 ●くっきりと白黒が区切られてカラーでありながら2色配分されたかのような線の力強さと、 写真のフレーム外まで想像をかきたてるトリミング感がおもしろいです。 ●心が癒されます。 ●この構図を考えたところ。 ●この場所で少年ひとりだけというのは絶妙なタイミングですね。階段の高度感が良く表現できていると思います。 ●この世の風景とは思えません。 ●こんな写真が撮れたらいいなあと思いました。かっこいいです。 ●背景も含め色がいい。 ●味わいのある作品。 ●ブルーの色と風が画面に程よくマッチしています。 ●さくら色の舗装がハクセキレイを引きたてて、上げた片足が躍動感があって素敵です。 ●さすが!!の作品づくりに感動。 ●さわやかなグリーンの葉っぱ(アジサイ?)の上で繰り広げられる自然界のきびしい一面、でもちいカマを応援したくなります。 ●自然の中に気持ちよさを感じます。 ●地蔵菩薩でしょうか。仏に導かれ、引きこまれそうに感じます。仏様の存在感がすごいです。 ●シマウマの姿、ちょっとおもしろい。 ●シマウマの昼寝、ライオンは寝ている♪♪♪♪。 ●地面の赤が桜の色をさらに強調してくれているように見えます。 ●シャッターチャンスがスゴイ。 ●シンプル イズ ベスト、イメージ通り、麻暖簾の風合いがもう少し。 ●和装の女性と暖簾の2点だけのシンプルな構成、切り取り方がすばらしいです。 コメント内の○○には色々なことばが当てはまりそうですが、私は「料亭」がいいです。 ●すぐ側で見つめていてくれている錯覚を感じました。 ●すごい場面に遭遇しましたね。カマキリはちゃんとごはんにありつけたかな? ●ストレートに美しいポートレートだと感じました。ふかふかした冬毛のせいか、 あまり厳しい中で生きている感じはしませんでしたが・・・ ●タイトルが秀逸。言われてみればその様に見えてきます。 ●タイトル通り、夢、世界の様子、光景をレタッチです。 ●タンチョウが1羽だけ反対向いていてかわいいです。 ●ちいさなすずめみたいなとりがピンク色のところにたっているしゃしんがきになりました。 なぜかというと、とりの色がピンク色のところとちがってとてもとりがはっきりみえるからです。 ●チャンスを待つ、又は頼む勇気、作品の仕上げ。 ●デジタルフィルターで効果を出している木々のBACKの網の線、アップで見る建物にスペースとマッチ。 ●どこで撮影されたのでしょう、機会があれば行って見たいと思いました。 ●どこの国の中華街でしょうか。人の動き、表情が、目の前を動いている様にイキイキ感じました。 ●とても印象に残る1枚。田畑を見て育つ少年はこれからどこを目指すのか・・・。 ●少年の振り返りが時間を止める。●ナイスショット。●ナイスタイミングしまうまです。 ●なにげないひとこま。●のれんと手・足が撮れている作品は、目にとまりました。 ●シンプル●手、足・・・でうまい。●私も京都へよく行って撮影しますが"発見力" "構成力"がステキです。 ●ネコの影がいいですね。ネコは座っているけど、影のネコは立っているという対比がおもしろい。 ●働きすぎでしょうか?足袋がよごれて、気になりました。 ●顔が想像できましたよ。働き者の少し年配の方ですね。浮かび出る手、少し汚れたタビの白さ等が印象に残りました。 シンプルなのもとてもステキですね。●表現力、作品として見せて頂き、レベルの高いと思った。 ●はてしない雪原を獲物探しのきつね、かじかむ指先でひたすらシャッターチャンスを待つ人、厳寒での出会いに乾杯です。 ●花びらが画面全面にある点が良いと思います。●好きな作品です。●ハヤブサとのニュースが重なり、よかったです。 ●ひとりぼっちで、少し寂しそう、冬のキツネは毛がフサフサで、耳や首元、尾がきれいですね。 ●表現力、作品として見せて頂き、レベルの高いと思った。●表現力、作品として見せて頂き、レベルの高いと思った。 ●ビルの明りと花火の光が、ビル群の影も引きたててる様で、長く見つめているとビルが迫ってくる迫力がありました。 ●ピンク色の小径を桜の落花、ハクセキレイがとても可愛いです。●ブルームーンが幻想的姫路城。 ●ベンチの写真がおもしろいです。シンクロしていますね。こういう風景を見つけられる視点が素敵です。 ●ホテルオークラのビルの間から花火の鮮やかさが暗い中でくっきりと写っていて感動致しました。 ●本当に美しい作品でどちらも雰囲気が違って不思議な感じで!!どんな女性なんだろう?とすごく気になってしまうほどです。 真っ赤なドレスと、ブルーのベールがとても美しくて!いつまでも見ていたい思いになりまいた。私も大好きな色です。 ●孫の姿を思い出します。●マッピングの写真かと思ったのですが、ムービーの一瞬で撮られた写真をお聞きし驚きました。 お城が二重で?写っているのがすてきでした。●宮下さん、見にきました。●モノクロが正解!!ステキな作品。 ●モノクロが正解!!ステキな作品。●モノクロでもセピア調での仕上げがよかった。 ●モノクロのコンクリートとピンクの舗装との対比、モノクロのセキレイとピンクの桜の花びらとの対比が共通していて面白い。 ●モノクロの世界がすてきです。●モノクロの街角の写真が好きです。●モノクロの街角の写真が好きです。 ●モノクロの街角の写真が好きです。●モノクロの街角の写真が好きです。●モノトーンの中に鮮やかな少年に目をひかれました。 また、階段の先に何があるのかも気になりました。良い写真を見せていただき、ありがとうございました。 ●私も階段がすきでよく撮影しましたが、スケール感もあってステキと思います。 ●一段一段上がると後姿もだんだん大きくなって行く・・・。●モンサンミッシェルの干潟、をこういう色合いに仕上げる色彩感覚、 家に飾れる。●やはり外国の干潟は違うなと感じます。空気感と淡いブルーと砂の色が美しい。●やはり建物は垂直に撮ってほしいです。 ●やはり春に行くといいですね。私は真冬に行ったので寒すぎて写真どころではなかったです。 ●一瞬で変化する花火の様子を物語のようなストーリーが描かれているようで、色彩の美しさに心ひかれます。 ●印象に残りました。モンサンミッシェルと言えば島を写した写真が多いですが、本当に幻想的でプリントの仕方なのか 絵画のように見えました。とても好きな色合いです。●引き算の写真、いいですね。●見せる所は見せる写真に見入りました。 着物のすそ色もバックの黒と違って紺色で見せているのに目が行きました。すばらしいです。●雲は割れ、地響きと共にポートタワーが 傾き・・・あ、空を見ろ・・・飛行機だロケットだ、いやスーパーマンです・・・いやいやUFOの来襲だ。ホテルオークラの反射光が 良いです。●遠近を感じない白い横線は、無限に続くように見えます。屈折した手すりが階段であること表現。子供は「将来」 を思わせる位置に・・・計算が尽くされた作品。●横線と縦線を表現されていて上手なまとめの写真と見入りました。 ●穏やかな雰囲気と白黒なのに温かみのある感じがすごく好きです。色付きでも見たいと思いました。 ●何でもない、よくある街景色を作品にする力量、プリント力。●何とも言えない色とグラデーション!モンサンミッチェルの 干潟をこのように撮られた作品を見るのは初めてです。また機会があれば次作を見たいものです。●何気ない庭の葉っぱ、切りとった緑、 きえいな色と虫の存在・・・。●カマキリのごはん、鋭い観察。●何時間待ちました?●花火(コオノトリ)が見事でした。 ●花火がコウノトリに見える時間は1~2秒か、技あり、すごい。●花火がほんとにコウノトリのように見えました。シャッター時間を長く して撮られたとのこと、写真の技術の奥深さを感じました。●花火が鳥(コオノトリ)が飛んでいるように見える瞬間を写しだしているの に見入ってしまいました。●花火撮影の難しさを良く撮れている。●階段の色と子供の服の色の対比が良い。長い階段が子供の未来に続く ようで、これから何が待っているのかと思います。●階段の風景、良く見つけましたね。●街の雑踏をものともせず、見つめ合うカップル に見入ります。愛は美しい。●街角のカップルのまわりだけ時間が止まっているような感じ、すごいドラマがありそうな気がします。 ●幾何学的な切り取りが素晴らしい。●宮下さん、見にきました。●宮下さんらしいユーモアを感じられる。題が秀逸です。●宮下さん らしいユーモア感あふれる、題名とマジックアワーの夕景、ステキです。●京都駅の階段の光の白さの加減が素敵でした。●近景と遠景 がいいバランスで入って、構図がとてもすばらしいです。●空を見上げた景色は新鮮でした。●形の綺麗なビルですね。上海もなかなか やりますね。でも地上200mくらいの空中散歩はご遠慮したいです。●光と影のバランスが良い。●光と影の対比がおもしろい。 ●作者のコメントと同じ思いを持っています。なつかしいあのころ、生きがいと後悔、今の自分はこれでいいのか・・・●光線の入り込み、 遠近感のバランスおもしろい。●自分の学生時代を思う。●好きな色を組合わせて見事です。●風の流れに身を任せるスカーフの シルエットが素敵です。●構図、シャッターチャンスのタイミングが素晴らしい。●構成力、落ち着く、家に飾れる。 ●豪華な花フブキです。とてもいい瞬間ですね。●黒い長い階段の中で人物が一人で朱色の服が映えていた。●今まで見せて頂いた作品とは 全くイメージが違うのでびっくりしました。若々しく、おしゃれで、本当に感動しました。ステキな作品を拝見出来、大変満たされた気分 になりました。●作者に鳥の話を聞いて、愛する子供だからこそ厳しく育てる訳が分かりました。●桜を見つめているかのような小鳥の姿 がとても可愛らしくて、ほほえましくなる一枚です。●雑多な街に思えたのに、モノクロで写すと幻想的で、映画のシーンのように美しい です。●子供の立ち位置と左側の手すりの光り方がよかったです。●子鶴の情けなさそうな表情がおもしろい。●市役所だと思ったら違う よう。一瞬のきらめき。●私の一番好きな1枚。現実にどうやって目を向けるのか、何に熱中するのか、これからは・・・。●私もこのイ ベントに行きましたが、こういう感じのアングルも感じられる感性を身に付けたいと思います。●私も階段が好きでよく撮りますが、スケ ール感もあってステキと思います。●好きな作品です。●私も観に行った花火大会。たくさんの花火が映っててとても迫力あり。煙を消す 技法を聞いてビックリしました。●私も京都へよく行って撮りますが、"発見力""構成力"がステキです。●いつも乍らの「京都風情」 にはとても心が安まります。●私も好きな色です。なかなかこんな赤がでない(出すことが出来ない)。水色(ブルー)もそうですが、 特に赤は難しい。自分の思った色が出せない。流石という他はないですね。継続は力なりと言われますが、果してやいかに・・・。それだけ ではないのでしょうね。山本氏の撮影の一コマを目にしました。その姿をみて、自分と比べていました。何か作品の他のおまけ(おいしいも の)を頂いた気がしました。作品から感じる若々しさ、私も死ぬまでこんな新鮮な若々しい感性(感じる気持ち)を少しでも長く持ち続けら れることが出来れば幸せだろうなと思いました。がんばろう・・・。ありがとうごあいました。●私も背中がかゆくなりました。●自然の 造形の美しさと不思議さ。●写真でもこんな絵画の雰囲気が出せるんですね。●写真撮影の一手法であるパターン重複にワンブレイクの赤 シャツの少年、時を待たずして少年だけが登って来たのは、いわゆる「持ってますネ」。●潤沢に餌を授けてくれていた両親の突然の冷遇、 戸惑う子鶴の不安げな表情が良く捉えられている。●小さなカマキリも頑張っていますね。僕たちもいろいろと頑張りたいですね。●夢の ようにみずみずしい青葉に目を奪われました。でも、ちいカマのハンティングに気が付き、厳しい現実を目の当たりにし、身も心も引き締 まる思いです。●上海が活写されていて好きな作品です。モノクロの美しさに感動●上海の摩天楼をうまくとれている、モノクロ感がいい。 ●色がきれいです。●色の鮮明さと、何気ない日常の風景の切り取りが素敵だと思いました。●色合いがとてもきれいで、引きつけられま した。セキレイも桜を見て春をおしんでいるのか表情が伝わる気がします。●色彩が強調されるのが面白い。建物の輪郭がピラミッド状に なる45度のアングルにより、空高くまでの空間を想像。●心に残りました。●心の洗い場かな。●神戸の花火、遠く離れた場所からバッチ リですね●神々しい木漏れ日が素敵です。無数のお地蔵さんの反復はモダンアートのようですね。●人物の捉え方がうまい。●整然と続く 柱や廊下の光の美しさに目を奪われた。でも、何かおかしい。廊下が軒先側(右)から建物側(左)に傾斜(下る)しているように見える。 ●静かな時間がゆっくり流れているのが、モノクロで一層感じました。●祖父、父、少年と変わる事なく受け継がれて行く田んぼ、そして彼 らの思い出を語りつたえる風紋が素晴らしい。●赤・・・私も好きな色ですが、なかなかこんな赤が出ない(出すことが出来ない)。水色 (ブルー)もそうですが特に赤は難しい。自分の思った色が出せない。●いちばんめだちますね、キレイです。●赤いドレス生地の重量感 と青いスカーフの軽量感の対比が面白い。●印象が残りました。●映り込み、どう考えても「どうなっているのか?ガテン」がいきません。 とても不思議な気がしました。強烈な赤と黒のコントラストが素晴らしい!!●赤い服がとても印象的です。●赤とブルーの色を画面上にう まくとり入れられて、又構図も絶妙でインパクトがありました。●私なら展示の左右、変えたいです。目線が離れてもったいないですね。 ●切り取りのうまさに感心しました。●安東さんの写真かと思いました。●赤と青を下半身・上半身の服飾での表現、すばらしいと思い ました。●切り取り方、びっくりしました、すてきです。●これは美しい、のれんの下に手、中間は青黒一色で足袋の白がいい。●前衛的 で面白い、新境地開拓?●中近東の衣装のようなイメージ、ツンと上がったマツ毛が小さくても印象的。●切り取りのうまさに感心しました。 ●素敵な作品でした。モノクロから始められ、カラーとは全く印象も異なるから難しいところもあると思いますが楽しんで色々撮っていかれ ると思います。いつもカメラを手にブラブラ歩き、又、拝見させていただくのを楽しみにしています。●想像をかきたて、動きのある写真だ と思います。●ライトの影響でしょうか、暖簾のむこうの女性のうでが少し赤すぎる様に感じますが、でも何かを思わせるような写真でいい ですネ。●大切にしまーす。「心はまるく」がんばりまーす●朝焼け、夕焼けのオレンジは見る機会はあっても、ブルー、ピンク、パープル の色あいに見える光景は初めてでした。美しい。●長い階段「赤」の男の子、とても良い作品です。●長く伸びた影を切らなくて良かった。 逆光により質感がとても良く出ています。●田んぼに子供と自転車が印象的です。モノクロにしたのもいいですね。●あまり見かけなくなっ た光景になつかしさを感じます。田植えのおわっている奥の田んぼと、まだおわっていない手前の田んぼのコントラストも良いです。●歩き 疲れてのお昼寝からは、安全、リラックスを感じます。●動物はシャッターチャンスが難しいですね。でもいい顔で語りかけるような表情が いいです。●特に好きです。●特に好きです。●突然の風で授かった素晴らしい作品。さぞかし慌てたことと思います。●色の三原色が入っ ていて面白い。●猫が自分の影を見つめて何か考えているような姿が印象的です。●背の低い綿毛を見上げるアングルが良い、ぼかしによる 背景は夢想いをかきたてる。●両作品ともシンプルで力強く、とても印象深いです。赤もブルーも発色が難しいですが、きれいな色ですね。 さすがです。赤い印象は白い手、水色の風は動きの描写に魅せられました。●表現力、作品として見せて頂き、レベルの高いと思った。●夕 日を浴びて至福の時、優しい人々に心穏やかな様子が良く表現されています。●背中の丸さが何とも愛らしくて、こちらまでほっこりです。 ●赤と青のあざやかなコントラストが印象的でした。●歩きスマホに象徴される「個人主義」、気に留められることもない落書きを受けた工 事用の出入り口くんがんばってね。●味わいが心引かれる感覚が致しました。●綿帽子の柔らかさが伝わってきます。●無駄のない(引き算 の)写真で感動しました。●「おいでやす」、のれんをくぐると、もうそこは心が解ける自宅なのである。●歩きスマホと今風の落書きが正 に今ですね。何気ない一瞬が画になるとは。●風を感じます。●今まで見せて頂いた作品とは全くイメージが違うのでびっくりしました。若 々しく、おしゃれで、本当に感動しました。ステキな作品を拝見出来、大変満たされた気分になりました。●いちばんめだちますね、キレイ です。●布の流れがすばらしい。●前衛的で面白い、新境地開拓?●多重でしょうか、赤いドレスが印象的です。しいていえばバックとの関 係性があまりなさそうです。●白い実像と妖艶な虚像との共演が幻想的である。●姫路城とスクリーンの城影の調和が素晴らしい。●姫路城 の白さと黒影の城、青ビームの色のインパクトが素敵でした。●表現力、作品として見せて頂き、レベルの高いと思った。●横線と縦線を表 現されていて上手なまとめの写真と見入りました。●北海道のどのあたりでしょうか。●毎年、ステキな作品です。お城も花火も幻想的です。 ●毎年、ステキな作品です。お城も花火も幻想的です。●味わいのある作品。●有名なモンサンミッシェル、城を撮らずに干潟だけの色あい、 素晴らしいです。●両作品ともシンプルで力強く、とても印象深いです。赤もブルーも発色が難しいですが、きれいな色ですね。さすがです。 赤い印象は白い手、水色の風は動きの描写に魅せられました。●トリック画面、縦/横をコラージュした所が秀逸。●ハガキで何度も見た から少し印象が早いうちに去ってしまいました。●好きな色を組合わせて見事です。●肩先を中心に三分割された画面の色(赤・青・黒)、 が見事です。●野良猫の何気ないひとときをとらえた写真にいやされます。

 

(会場について)

●2点出品されている方と1点の方との作品の間隔が相違するのが何故なのか、同じで良いように思うが。

 

(作品全般について)

●全般的にレベルが高いですね。●全体的に美しい写真が多いです。●自分の好き嫌いで選びましたので、ご容赦を!●個人的には風景や景色が好きなので楽しめました。●心癒す時間となりました。●それぞれ個々でテーマが違い面白いと思います。●やはり額はそろっていると見やすいですね。●みなさん力作でみごたえありました。●どれも立派なさくひんです。●皆さん、ありがとうございました●皆様すばらしい作品でとても感動しました!●その写真も写す方々の想いが伝わってきました。最近のデジタルは色々と加工が出来ることを知り楽しくなりました。●どの作品もそれぞれの想いが詰まっていて良かったです。●会場のフレームの並べ順とか、並べ方・・・いつも感心じます。テーマは特にないはずなのに、うまく会場としてのまとまりを持っているように観えます。●トアギャラリーの2Fで、一度にたくさんの時空を楽しませて頂けます。色彩の美しさ、モノトーンの色の奥行や、こだわられた切り取りに、それぞれの季節、時間、音や香り、そして風や静寂・・・心が落ち着き、呼吸を深く・・・空間に感謝致します。●ほんの一瞬の偶然の出会いが良くとらえられて、偶然に出会った時の感動はすごくうれしかった事でしょう。●私達、普通では目に止らない、色や動きが感じられ、私は普段、ボーっと歩いているのだなと思った。目に見えない物をカメラは見ていると思った。●素晴らしい作品が沢山、楽しいひとときを過ごさせて頂き感謝しております。●いろんな作品があってたのしかったです。ありがとうございました。●お友達にさそわれて、はじめて来ました。作家さんがいろいろで個性あふれる作品が多かった。撮影場所が外国だろうけどどこかなあ?教えてほしい。中国の仏さんかなあ。外国の街、分からないのが、想像が広がり良いのかもね。●どの作品も楽しく拝見しました。技術(プリントも含む)、発想、視点が良かったです。いい作品展で来年も是非と願っております。ありがとうございました。●おしゃれなギャラリー。個性ある作品に感動しました。淡いカラー作品、とっても良かったです。●皆様の素晴らしい作品に感動しました。特に今年はテクニックのすごさに、どの作品がと言い難い作品ばかりで、この様な機会に出合えて幸せです。ありがとうございます。●それぞれに個性、味があり、見応えがあり、とてもステキな作品ばかりでした。個人的にはモノトーンの写真が好きですので、白黒の写真に心ひかれました。有難うございました。●落ちついて、心おだやかなひと時をすごせました。素朴なやわらかい作品が多くいいですね。●どの作品もA4サイズでありながら、画面から作者の熱い思いが伝わってきました。●会場に入り、外の暑さを忘れる涼しさと、静かなメロディーが流れる素晴らしい空間です。●すてきな写真を楽しませて頂いてこのむし暑さを忘れる良い時間でした。皆様のモチーフや一瞬の切り取りにびっくりします。モノクロも良いですね。●ゆっくりした一時を過ごすことができました。●静かな空間で、落ちつける中、ステキな時間を作って下さってありがとうございました。

 

(その他)

なし

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

第11回 宙(そら)展venus/清子・CHIKAKO・中山トモ子・松田早代・平島和雄

7/06土~ 7/11木●1階

今年も宙展を開催いたします。個性を存分に発揮できた作品になったのではと思っています。描くことは深く、長く、広く、見えているつもりでもなかなか見えてこない。でも楽しい。こんな私達の作品をご高覧くだされば幸いです。(19)

   
CHIKAKO 26×18 33×24
   
CHIKAKO 23×16 33×24
清子 46×38×10
   
   
中山トモ子 73×61 61×61
61×73
61×73
61×61 73×61
   
清子 各 40×40
250×61×15
   
平島和雄 35×24 27×24
41×33 27×24
27×24 28×20
17×12
   
松田早代 46×37×10 29×24×6
18×12×3 39×31×10
16×24×7 14×18×2
14×18×2 18×14×2
18×14×2
   
松田早代  40×40 34×27×4
28×40×8 39×31×6

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

« 2019年6月 | メインページ | アーカイブ

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.