3/03土~ 3/08木●1階

日本画・油彩画・デッサン・水彩・版画の各々で表現する、作家20余名の作品による女性美の競演。 古今歴史に残った代表的な絵画芸術の多くが女性を描いた作品が圧倒的に多いです。具象表現のジャンルは大きく分けて「風景」「人物」「静物」ですが、とりわけ人物表現の中でも女性像が圧倒的に多いのはやはり見る側にとって理解しやすいのでしょう、言葉を変えれば美を感じ易い、受け入れ易い事が要因だと思います。但、万人が感じる"美しい女性"は全て異なる様に、画家各々が美しいと思って表現する女性も全て異なっております。この度の企画展は20余名の有名作家それぞれが"女性像を通して表現した「美」"を一堂に展示販売致します。                           ギャラリー和商 主人敬白 (18)

   
   
小川雨虹 46×38 立石春美 53×46
   
   
長縄士郎 46×61 中尾淳 53×46
   
   
石本正 41×27 伊藤深水 41×49
   
   
片岡球子 24×27 谷川泰宏 73×53
   
   
藤井勉 35×27 小磯良平 56×73
   
   
織田広比古 46×53 Bシャロア 53×46
   
   
染谷香理 46×53 北澤映月 33×24
   
   
堂本印象 47×33 上村松園 53×60
   
上村松園 46×38
   
   

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.