2013年6月アーカイブ

6/29土~ 7/04木●1階

新南画の巨匠、日本画家の橋本関雪先生は、明治16年に神戸市(現在の中央区楠町)に生まれ、幼少年時代を神戸/明石/加古川/高砂/西脇に過ごしました。本格的な画壇での活躍は京都や東京時代に待たれますが、画家となる素地を育んだ環境はその家庭にありました。

父;橋本海関は旧明石藩の儒者(漢学者/漢詩人)であり又、親族全員が儒学や南画に親しむ、今の言葉で言えばインテリ(文人)一家に育ったからでしょう。子守歌に祖母の漢詩を聴き、幼少時代より儒教の書物を目にした事で、絵画技術を習得するのみならず、漢詩を読み中国の優れた古典文化を学び、その精神性を会得してゆきました。

大正2年32才で初めて中国を訪れ、没するまでに30~40回も訪中を重ねたと言われています。きっと何度も神戸港から船で渡航されたのだしょう。(戦前は軍用機でも訪中との記録があります。)

湊川尋常小学校を中退し、当時の平野村に住まいする四条派の画家「片岡公曠」に作画技術の基礎を学び、父より直接儒学を学び、絵画に対する技術と作画姿勢を研鑽しました。

明治36年に当時京都画壇の重鎮であった「竹内栖鳳」の画塾(竹杖会)に入りますが、強烈な個性と確固たる自信の基(入門時既に作畫技術を身に付けていましたので)、自己の作画姿勢を貫き、所属会派の技法である四条派的作画をせず独自の画境である「新南画」を創作し続けました。

大正12年に同塾を退会します(関雪の言葉では「師を破門する」との逸話が有ります)。関雪は閉鎖的であった京都画壇を抜け出し、より自由に「実力有る孤高の画家」として独自の芸術作品を生み出して行きます。

京都北白川の銀閣寺前に邸宅「白砂村荘」を造り、沢山の美術コレクションに囲まれ又、種々の当時としては大変珍しい動物達を自ら飼育し写生に明け暮れました。(因に、白川の哲学の道沿いの桜並木は関雪が奥様の希望で植樹されたものです)

晩年の動物画(猿の絵に代表される)に見られる四条派的作風が有名ですが、それらは竹杖会(四条派の画塾)に有りながら自己の画風(新南画)を貫き、同派を離れてから、その写生派の技術をより一層高め独自の精神性を加えた形で表現した結果の作品となりました。(四条派を越える実力を示した)

しかし、明治後半~大正にかけての作画は表面的な美のみを追求するのではなく、南宋画の古典や儒学に学んだ精神性や画題の詩情性を真摯に表現しています。

地元神戸に因む画家と言えば、洋画家で「金山平山」や「小磯良平」、日本画家では「村上華岳」や「東山魁夷」が有名衆知の作家ですが、橋本関雪先生は太平洋戦争の終戦直前に没し、敗戦の混乱の中、回顧展の企画や秀作の記録整理等が思うように行われず、又多作な作家にも拘わらずその作品の多くが戦後の新しい生活文化や芸術運動より取り残されて来た感が否めません。

今年は画伯の生誕130年に当たり、各地で有名作品が展覧されていますが、本展は一般コレクター向けの小品企画であり、時代を超えて大切に受け継がれてきた作品の審美を再度見直してスポットライトを当ててみたく作品を集めてみました。大正時代の新南画を中心に、晩年の四条派的表現の花鳥画迄の軸装作品30点余をトアロードのモダンな画廊にて展示販売いたします。(13)

平成25年6月吉日                    ギャラリー和商 主人敬白

   
   
   
   
   
   
152×51
   
34×42
   
143×50
   
142×42
   
46×52
   
27×24
   
51×57
   
34×7
   
47×52
   
40×45
   
57×71
   
35×42
   
127×27
   
151×31
   
142×32
   
141×31
   
128×35
   
157×30
   
119×42
   
149×43
   
132×51
   
147×32
   
??×??
   
   
145×32
   
133×31
   
165×60
   
143×31
   
126×28
   
40×52
   
36×7
   
147×31
   
146×35
   
126×28
   
130×32
   
157×31
   
130×25
   
153×31
   
143×28
   
135×42
   
40×44
   
50×56
   
47×51
   
103×36
   
153×31
   
123×22
   
139×29
   

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

6/22土~ 6/27木●1階

小学4年で切り絵に出会って今年で8年目、時を重ねると共に進化し続けています。一つ一つの線を大切に、1枚の紙から作り出す芸術はあまりにも奥が深いものです。描いたスケッチが実際に飛び出してくる楽しみもまた格別です。絵画とは一味違った趣をぜひお楽しみください。(13)

   
   
   
   
59×43
   
   
35×25 48×35
35×25 41×28
35×25 35×25
29×41
35×25 50×35
25×35
35×25 48×35
35×25 50×35
61×44 12×17
28×24
58×41 58×41
58×41 58×41
180×140
41×29 41×29
29×20 29×20
30×45
60×84
20×29
29×41
20×29
25×35
20×29
41×29 41×29
41×29 58×41
58×41 12×17
35×48
74×48
110×100
   
   
   
   
   
   

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

6/08土~ 6/13木●2階

1999年創会。三宮勤労会館で研修中です。基礎となる人物デッサンを基本的な所から勉強し、今回初めてその成果を見て頂く事になりました。絵は木炭画・和紙様の紙のクレパス画、水彩画・油彩画・鉛筆画等多彩です。(13)

   
   
   
   
安宅桂子 65×51 吉村昌治 65×51
吉村昌治 30×40
石川純子 65×51 反保省子 65×51
反保省子 45×20 庄田由利 65×51
枝川裕志 37×26 濱上寛司 65×51
濱上寛司 10×15 濱上寛司 10×15
松浦加奈 51×65
松浦加奈 16×23 三村茂 65×51
松本修 65×51 松本修 27×22
松本修 15×10 渡邊安彦 58×39
渡邊安彦 54×36 濱田恵子 79×65
得津真由美 51×65
高鍋真知子 53×36 高鍋真知子 41×40
神保抄右子 54×36 橋本義彦 77×52
二神友子 65×51 二神友子 38×46
二神友子 12×12 二神友子 12×12
   
   
   
   

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

1306081fb

6/08土~ 6/20木(2週間)●1階

1960年兵庫県尼崎市生まれ。3歳で筆を持ち15歳で藤原清洞に師事。常に芸術は時代を風刺するべきとその時代の背景の表現と心の表現に重点を置きながら魂の感情移入による作品制作を心掛けている。2009年辺りから日本人の食べ残しで世界の食糧難の人々の何人の人が、救われるかと言う話題に自国だけが幸せでも仕方ない本当の意味の世界平和を祈念しながら 「世界の命」 をシリーズ化し一つのテーマ性を持ちながら制作。東日本大震災が発生した直後に被災地への想いを乗せて制作した 「命の波」 (出典:梵字の「命」)で 第63回「毎日賞」を受賞。高野山大学書道専攻科卒。(13)

   
   
   
   
17×24・・・10×15 17×24・・・10×15
   
   
10×15・・・10×15 24×17・・・10×15
   
   
17×24・・・10×15 24×17・・・10×15
   
   
10×15・・・10×15 10×15・・・10×15
   
   
10×15・・・10×15 17×24・・・10×15
   
15×10・・・15×10
   
15×10・・・15×10
   
   
137×35 137×35
   
   
17×24・・・17×24
   
   
34×34 18×25
   
   
24×17・・・10×15
   
   
27×24 16×20
   
   
27×24 23×16
   
   
14×31
   
   
45×34
   
   
15×10・・・15×10
   
   
15×10・・・15×10
   
   
   
   
   
   

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

北岡瑞桐書作展/世界の命とその周辺 part 2

6/08土~ 6/20木(2週間)●1階

1960年兵庫県尼崎市生まれ。3歳で筆を持ち15歳で藤原清洞に師事。常に芸術は時代を風刺するべきとその時代の背景の表現と心の表現に重点を置きながら魂の感情移入による作品制作を心掛けている。2009年辺りから日本人の食べ残しで世界の食糧難の人々の何人の人が、救われるかと言う話題に自国だけが幸せでも仕方ない本当の意味の世界平和を祈念しながら 「世界の命」 をシリーズ化し一つのテーマ性を持ちながら制作。東日本大震災が発生した直後に被災地への想いを乗せて制作した 「命の波」 (出典:梵字の「命」)で 第63回「毎日賞」を受賞。高野山大学書道専攻科卒。(13)

   
   
   
   

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

若栄安佐子油絵展

6/01土~ 6/06木●1階

7才の時に絵の先生にほめられたのが嬉しくて、ずっと絵は好きでした。その後約70年、おかげさまで下手でも楽しんで描いています。スタジオウフの久保先生にご指導頂いて大変うれしく思います。(13)

   
   
   
   
33×24 33×24
23×16 23×16
46×38 46×38
38×46
50×61
23×16 23×16
50×61
61×50
50×61
46×38 16×23
30×40
   
   

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る

« 2013年5月 | メインページ | アーカイブ | 2013年7月 »

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.