2008年3月アーカイブ

3/29土~ 4/03木●1階●2階

京都市立芸術大学1回生10人の、初めてのグループ展。アーティストとしての初めての本格的な活動であり、この経験は一人一人の人生に大きなプラスになるはず。そして、皆様の心にもプラスになるような作品を生み出す、記念すべき第一歩です。

ichiten~京都市立芸術大学1回生によるグループ展~.jpg

3/22土~ 3/27木●1階

毎年のようにお世話になるトアギャラリーでの個展が近づき、制作に追われる毎日です。今回は新しい試みとして、鉄釉を使ってみます。伝統的な"黒"をカッコ良く使って器形を引き立てたいと思います。(08)

手島秀則 陶展.jpg 

3/15土~ 3/20木●1階●2階

革がもつ 暖かさ 柔らかさ に魅せられて多くの技法を試みて35年目を迎えます。「トアロードの春2008年」展は、出展者が日々楽しみながら制作した、生活アイテム、パネルなど約50点展示いたします。お待ちしています。(08)

山根満江と教室展(レザークラフト)1.jpg

山根満江と教室展(レザークラフト)2.jpg

3/08土~ 3/13木●1階

九谷焼は加賀百万石前田藩の伝統工芸品で、飾り皿、花瓶、香炉、日用食器として親しまれ有名です。私は航空自衛隊員として全国各基地を転勤して来ましたが、小松基地勤務の時に九谷焼に魅せられ、手ほどきを受けてからこの道に入りました。市の講習会、作家先生との出会い、同好クラブへの入会等で知識技量の向上に努める一方、私なりに写実的風景画の創作を始めました。1998年の初個展(スペイン)以来、今回(イギリス&北欧)は31回目の個展です。(08)

中島厚二 色絵陶額展.jpg

3/01土~ 3/06木●2階

自然の中で自分が心踊らせて、発見しつつ描いてきました。私の「ひとりごとの墨の世界」です。墨、紙、筆、湿度による動き、思い通りにならないことが魅力あるものとなっております。(08)

小森文雄展.jpg

3/01土~ 3/06木●1階ある日、調子に乗ってこういう結果となりました。邪道でも自己満足でもとにかく自分が描きたいものを天然素材(軽石・コーヒー・木の粘土・和紙・布等)と絵の具で表現しました。心のゆとりを感じて頂ければ幸いです。(08)

齋藤ゆかり展.jpg

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.