2007年10月アーカイブ

10/27土~11/01木●2階

今年も、なんとか続けることができました。昨年と同じ化粧泥を使った作品を中心に並べます。「継続は力なり」で頑張ったつもりですが、本当に力になっているのか?お近くに、お越しの節は是非のぞいて見て下さい。 (07)

野川健治郎 陶展 工房 の川.jpg

10/27土~11/01木●1階

ボタニカルアートを始めて、20年。植物のきれいな色、不思議な形、精巧な作り。描きたい!と思うのですが、紙の上に表すのは難しいです。これからも、好きな花と向きあって描いていきます。まだ、20年です。(07)

いいの かよ ボタニカルアート展 植物への想い.jpg

10/20土~10/25木●2階

線と線のあいだから生じるものとは(07)

高津まどか展.jpg

10/20土~10/25木●1階

椿・石榴・紫根・生藍・・・四季おりおりの草木で絹糸を染め、手で織り上げました。着物は10点程、あとショールや小物など。草木のもつ色の力(ちから)そして手仕事を見ていただけたら幸いです。 (07)

西村幸子染め織り展 草木で染めた糸で織った紬の着物と小物たち.jpg

10/13土~10/18木●2階

私は京友禅染めの家で育ったのですが、型にはまった修行が苦手でした。でも古い染め物を見るのは好きでした。それは現代染色には無い何かを感じたからでしょう。その何かとは、伝統的染色スタイルではなく、布と染料のシンプルな特性、「染みる・にじむ」という美しさだったのです。そして「染みる・にじむ」は私の制作の源になったのです。今回の個展では小品を中心に制作いたしました。ぜひご高覧頂きますようお願い申し上げます。(07)

白河英治染色個展.jpg

10/13土~10/18木●1階

溢れる花と共にあった日、雪深い自然の中に過ごした日、多くの人に囲まれてすごしたまつりの日、そのいずれもが忘れがたい人生のひとこまとなって描き続ける今の私があるような気がします。(07)

森 茂子 展/油と水彩で描く旅の日々.jpg

10/06土~10/11木●1階妙なモノを中心に作っていますが、手にとって見ていただければ多分使いたくなる筈!是非ご高覧ください。 (07)

三宅玄祐 陶展つかいたくなるかも.jpg

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.