2006年10月アーカイブ

10/28土~11/02木●2階

今年も粉引きや色化粧泥を、器に装飾した作品を作りました。いつも、少しは気に入ったものができるかな?と思いながら・・・。壁面は絵画、写真などの応援をいただきました。(06)

野川健治郎陶展 賛助出品林 青彦陶芸辻 恵子絵画.jpg

10/28土~11/02木●1階

毎年開催している親子展も5回目となりました。神戸市出身の父・哲朗が描く深みのある油絵と、神戸在住の息子・たなきゅーの現代アートがかもしだす空間をお楽しみください。(06)

田中哲朗・久~親子展2006.jpg

10/21土~10/26月●1階

 約4年ぶりに、個展を開催することになりました。今回は「何げない幸せを大切にしてほしい」というキーワードを、自分なりに表現しようと思いました。「愛される」のではなく「愛す」。受動態ではなく能動態で、日々、見過ごしている何げない心の安らぎを、明日のエネルギーにしていただけたら、幸いです・・・是非、ご高覧くださいませ(06)

北山久美子油彩展.jpg

10/21土~10/26月●2階

 風景をテーマに。3年振りの個展です。木版画の制作を始め、早くも12年を経過しました。技法の習得はともかく、画面に深まりを見せているか、御高覧いただきたい。(06)

上中孝三 木版画展.jpg

変わり続ける苦しみ、変わらずにいる心地よさ。(06)

三宅玄祐陶展 変化の是非.jpg

10/14土~10/19木●2階

 フランスの詩情豊かな風景に魅了され、滞在中に習得したパステル画法によって、私なりに風景との出逢いを描いて参りました。パリとパリ郊外を流れるセーヌの叙情豊かな中に、私自身との対話が生まれ、詩情性となり絵となってゆく世界を表現してみました。是非ご高覧賜れば幸いです。(06)

西村沙矢佳(美律子)パステル画展.jpg 

10/07土~10/12木●2階紙の宝石と呼ばれている書票(蔵書票)は、本の見返しに貼って自分の愛蔵書であることを示す小さな版画のラベルです。約20名の作家作品80余点と会員蒐集作品50点余りを展示します。 (06)

関西書票倶楽部展 第二回 書票展1.jpg 関西書票倶楽部展 第二回 書票展2.jpg

10/07土~10/12木●1階

トアギャラリーでは今回で4回目の個展となります。九州の山にかこまれた工房のまわりには、四季により多くの草花が咲きみだれます。その花たちをモチーフにした柄を、器・人形・陶板などに描きこみました。 (06)

有田花窯 花田和彦作陶展.jpg

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.