2004年9月アーカイブ

9月25日(土)~9月30日(木)●1階やわらかで上品な質感をもつ半陶半磁は、私のライフワーク。今回は、四季の草花や幾何文様をモチーフに描きこんだ作品を展示いたします。是非ご覧下さい。(04)

有田花窯-花田和彦個展 花と幾何文.jpg

9月18日(土)~9月23日(木)●1階

外力により形を変えるもの、時を経て消滅へと向かうもの。それぞれの変化の断片を切り取り自分なりの形に表しました。是非ご高覧下さい。(04)

「変化の断片」三宅玄祐 陶展.jpg

9月11日(土)~9月16日(木)●1階

日本伝統美の文様を布にステンシルで染色し、服や小物等を制作しています。2002年3月以来2回目となる今回の作品展では、主に秋の文様を用いた作品を展示します。少し早い秋を見つけにお越しください。(04)

日本文様を愛でて2 文様を用いたものづくり 山口三恵子.jpg

9月 4日(土)~9月 9日(木)●2階

この手元にまで滴り降りてくれた草木の息。ひと吹きの風のようにその時、織りに現れた刻のエッセイ。―――草木染め手織りの小物たちに、そんな草の息や風の色を感じていただけたら、と思っております。(04)

草の息 風の色 三木次代・染め織りの小物たち.jpg

9月 4日(土)~9月 9日(木)●1階

神戸生まれ神戸育ちの私。変わらぬものと変わりゆくものが肩を並べ、心地よい距離とバランスを自然に保ち続けている・・・そんな神戸で出逢った「女の子たち」が今回の作品の主役です。そんな彼女たちとの出逢いをふりかえり、作家活動、5年間の軌跡を集めたイラスト展。(04)

GIRL GIRL GIRL in Kobe HOSI NO SUMIKA maki イラスト展.jpg

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.