2004年7月アーカイブ

7月31日(土)~8月 5日(木)●1階

母・雅子の作るシルバーの虫や花や動物達。今回はトンボ玉との組み合わせを楽しみました。娘・紗代は芸大で染色を学び、着物2点を含む染めの作品を作りました。母娘で快い色やかたちで夏の庭を表現しました。(04)

池口雅子・紗代親娘展 夏の庭silver×cloth.jpg

7月24日(土)~7月29日(木)●1階

とにかく絵が描きたくて描きたくて、絵の具やその他の画材とたわむれながら、自由気侭に描き続けています。自分の表現したいものを追い続けていますが、まだまだ未熟な作品ばかりです。しかし、この個展を一つの通過点とし、これからも自分の表現したいものを追い続けていきたいと思っておりますので、皆様に御批評戴ければ幸いです。(04)

森澤智子ドローイング展 自由と気まま.jpg

7月17日(土)~7月22日(木)●1階●2階

池田泥異・喜多芳邑・黒田玉洲・南岳杲雲・古溝幽畦

日本篆刻協会に籍を置く、中堅作家五名による篆刻を中心とした展覧会である。昨年まで十一年間大阪上本町にて開催してきたが、神戸開催をとの声が多く、それに応える事となった。昨今、随分篆刻は一般の方々まで知られる様になり、大変嬉しい事である。篆刻芸術とは小宇宙といわれ、又、机上の芸術ともいわれている。それを我々は創意工夫し、平面で表現しようと挑戦している。是非多くの方々に御覧頂きたい。(04)

第十二回一隅會展 篆刻・書画.jpg

7月10日(土)~7月15日(木)●2階

器のデザインにモダンアートを取り入れたくて、オリジナルの器をいくつか作ってみました。白い塔のオブジェは ( 冬の段々、昇りつめて、天国の地下室へゆく発想で- ) 。 その時々の想いをかたちにして、皆さまに送ります。(04)

KUMI・SHIBATA・exhibition.jpg

7月10日(土)~7月15日(木)●1階

3人それぞれの絵を描いてきました。1年1回神戸のどこかで展示をしてきました。この度はトアロードの古き良き時代の面影を残した場所にあるギャラリーで3人展をひらくことが出来ました。どうぞご高覧下さい。(04)

Aの仲間3人展/沢井考枝・仲野清子・大村修子.jpg

7月3日(土)~7月8日(木)●1階●2階

人物の表情・動きなどをデフォルメして、色や形でテーマとする「カーニバル」の雰囲気を伝えたいと、日々描き続ける中で、楽しさ、苦しさを重ねながらも描くことが止められません。希望としては、旅をして、人と接し、異文化を感じ、音楽やダンスなどから創作の源を得たいと思っています。私にとって、神戸での個展は初めてです。ご高覧下さいまして、ご批評など頂けたら幸いです。(04)

圓山和美展 カーニバル.jpg

©1998-2011 神戸・トアギャラリー All Rights Reserved.